MENU

自分に気のない脈なし男子の使うセリフとは?

人は自分がよほど嫌いな人でない限り、できるだけ優しく振舞おうとします。なので、勇気をふるって告白してくれた女性を傷つけるようなまねはできない男性がほとんどです。

 

告白してくれた人に対してはっきりと拒絶はせず、ふんわりとしたオブラートにくるんだ表現で返してくれる場合が多いのですが、その表現方法は、告白してくれた女性と、これからどのような関係で付き合っていきたいかによっても変わってきます。

 

そこで、これは脈なしだなとわかる、男性のよく使うセリフをアドバイスしたいと思います。

 

●脈なし男子が使うセリフとは?

 

・「ここなら彼氏と遊びに来ても楽しいかもね」

一緒に遊びに行った時、遊園地や動物園・公園などに友達、もしくはふたりっきりで出かけた時など、こんなセリフを言われた時は要注意です。こういった場所でデートをするカップルは多いですが、このセリフは「自分は君とここに来ることはない」「自分が君の彼氏になることはありえない」そう暗に示しているパターンです。

 

・「本当に家族みたいだよね、安心する」「うちの妹と一緒にいるみたいな感じ」

家族というのは、その人の人生の中で長い時間を共に過ごしているので、当然気の合う場合も多く、一緒にいて安らげる存在ですが、「本当に家族みたいだよね、安心する」「うちの妹と一緒にいるみたいな感じ」などという安心感は、彼女にしたいと思う女性にはあまり使いません。

 

確かに家族と一緒にいるような安心感や、落ち着いた気持ちにさせることは恋愛において大切なことですが、家族と同じ目線でみられてしまうと、その先の恋愛関係に発展する可能性がグンと落ちてしまいます。

 

たとえ付き合っていたとしても、付き合っているうちに妹のような感じになってしまい、別れてしまうこともあるのでこの微妙な違いを知っておくことも大切です。

 

・「今度はみんなと一緒に遊びに来ようよ」

男性にとって、女性とふたりで遊びに来るというのは非常にハードルの高い、重要なことなのですが、何の興味もない女性とふたりきりで会う事は、普通の男性ならまずしません。

 

興味が無いくせにふたりきりで会うという事は、女性に変な期待を抱かせることにもなるのでなるべく避けますが、あなたの方から思い切ってふたりで遊びに行こうよと誘った時、この答えが返ったきた場合は今現在彼の心はあなたにない可能性があります。

 

おわりに

 

以上3つのセリフを言われてしまった場合は、彼があなたの事を恋愛対象としてまだ見ていなかったのかもしれません。なので、そこで立ち止まってしまわずに、気長に彼へアピールを続けることが恋愛成功のカギですので、あきらめずに頑張りましょう。